infinitia
NO.8ーエイトマンのある日の考察
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
GW中のできごと
このGWはyomさんの粋な計らいにより一人で実家に帰省しました。
本当は家族で帰る予定でしたが、諸事情によりできなくなったので・・・。

今回、帰省中はずーっとバスケットを教えていました。
一つは高校時代の恩師の学校
一つは後輩が顧問をしている学校
一つは兄が顧問をしている学校

もう、ずーっとです。
ある人は、
「せっかく帰ってきたのに休む暇もないね」
と言います。

しかし、僕は好きでやっているので全然苦になりません。
むしろ新しい発見があったり、自分が知っているバスケットのフィードバックにもなります。

なにより、若い選手たちと時間を共にすることで
まだ何も知らなかったその頃の自分を思い出し、正に初心に返ることができるからです。
このような時間は僕にとって、練習や試合と同等の価値があるものです。

僕が来るということで、
本来するべきメニューを変更したり時間を延ばしたり、
いつもと違う感じに選手たちは困惑していたかと思います。
それでも、教え慣れしていない僕の説明をしっかりと聞いてくれたし、
分からないことがあったらちゃんと聞きに来てくれました。

教える側としてこんな嬉しいことはありません。
「分からないことは聞く」
これは本当に大事なことです。知らないことは悪いことではないのですから。
僕も忘れないようにしたいです。

最後に、ある学校の顧問の先生が選手たちに何か一言書いてやってくれ。
と言うので、当然(?)こう書きました。

「真剣に楽しむ」

もうこれしかありません。
真剣にやろうとすると苦しいことの方が多くなるとは思います。
でも、やらされているのではなく自分から意欲的に取り組む意識を持てば、
きっと苦しさが楽しさに変わると思います。

今回指導した選手の中にはこの先バスケットを辞める人もいるでしょう。
でも、今自分の意志でバスケットをやっているからには、
その時間を充実したものにしなければもったいないです。
先のことが分かるはずも無いし、時間は限られていますからね。
僕も仲間と練習できるわずかな時間を大切にしようと改めて思いました。

今回、無理な申し出にも関わらず時間を割いてくれた、
各校の選手、顧問の先生、保護者の方々には本当に感謝しています。

この貴重な時間を本当にありがとうございました。
機会があったら選手の皆さんとまたお会いしたいです!!
スポンサーサイト
コメント
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/05/09(月) 22:55:47 | | # [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2011/05/11(水) 07:30:51 | | # [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/05/11(水) 19:16:47 | | # [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。