infinitia
NO.8ーエイトマンのある日の考察
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第2週 VS東芝@横浜文化体育館
勝敗を分ける分岐点というのは1試合でいくつあるんだろうか。

今日の試合はそのほとんどで負けにつながる選択をしてきたのかもしれない。
フリースロー然り、ターンオーバーも然り。

「あのミスをしなければ」「あのシュートが入っていれば」、勝っていた。

こんなことは終わってみなければわからない結果論でしかない。
それが、試合のその時分かるわけではないし、ましてや予測できるものでもない。

試合後ロッカールームで部長が一言。

「惜しい試合だった。あと少しで勝てたかもしれないが、自分たちで勝てるチャンスを放棄したようにも見えた。」

今日の試合のすべてを表現した言葉のように思えた。

出ている選手皆がミスをしないでやろうと思ってるし、シュートを決めるつもりで打っている。
そんなことは皆わかっているし、それぞれ個人がベストを尽くそうとするのは当然のこと。
一番重要なのは、

「チームとして勝つ為にベストを尽くしていたか」

ということ。
良い流れの時は、5人全員が思い切ってその流れに乗っかっていけるかどうか、
悪い流れの時は、5人全員が協力してどれだけ短い時間で食い止めるか。

重要な局面で、そういった意識が少し足りなかったと思う。
そういうことを声に出して言うだけでも少しは変わったかもしれないけれど、
これも終わってみなければわからなかったこと。

これで、また一つ勉強したわけだから2戦目に活かさなければいけない。
とにかく、明後日の試合に向けて明日はちゃんと準備しよう。
スポンサーサイト
コメント
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/09/25(土) 19:31:42 | | # [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。